レース中に摂取する補給食を事前の練習で試してから、レースに臨むのは必須ですが、
レース1~2週間前からサプリや栄養食品で体調を万全にしましょう!

(1)鉄分の中でも吸収率の高いヘム鉄。酸素を活用しエネルギー産生をサポートします!
酸素を身体に運ぶ赤血球の重要な成分である鉄は、貧血のときだけでなく、
実はトレーニング量を増やすときにも重要な成分。「ヘム鉄」は、ビタミンCの助けがなくても
非ヘム鉄より吸収率が高く、コーヒーやお茶に含まれるカフェインやタンニンによっても、
吸収が妨げられないのが特長。肉や魚に含まれている成分のため、過剰摂取や継続的な
摂取でも胃腸に負担がかかりません。

(2)レース1週間前からの簡単調整法「アミノ酸ローディング」
ランニング中のエネルギー源は「糖」と「脂肪」のふたつ。
しかし、フルマラソンのように長時間の運動を行うと、体内のエネルギーが枯渇し、
身体は少しでもエネルギーを作り出そうと、筋肉を分解してアミノ酸を作り、
エネルギー源として使用します。フルマラソンを走った後、いつもより脚へのダメージを
感じる方は、エネルギー不足によって筋肉が多く分解されているのかもしれません。
レース当日、筋肉の分解による脚へのダメージを防ぐには、レース前とレース中の
十分な糖(炭水化物)の補給に加え、エネルギーが枯渇しても筋肉を使う必要がないよう、
身体にアミノ酸をしっかり蓄えてレースに臨むと良いでしょう。アミノ酸は、日常的に
補給することで血中に蓄えておくことができます。レース1週間前からアミノ酸飲料などを
摂取しておくと血中のアミノ酸濃度を高められ、レースをしっかり走ることができるはず。

 

ご購入は、お近くのスーパースポーツゼビオで!
http://www.supersports.co.jp/shop/